受験生の方へ

人間環境学部 教員紹介


氏 名 所澤 保孝(トコロザワ ヤスタカ)

所 属 人間環境学部 人間発達学科
職 名 教授
専攻分野 教育学
最終学歴 カリフォルニア大学ロスアンゼルス(UCLA)教育学大学院教育学研究科比較国際教育学専攻博士課程修了、教育学博士(Ph.D in Education)
学部担当科目 教育原理、教育工学、教育職員論、生涯学習論、教育実習機▲璽潺福璽覘機Ν供卒業研究
自己紹介 神奈川県の西の端、箱根の麓、小田原で育った自然愛好家です。人間発達学科では教育学系の科目を中心に担当しています。専門は教育学で、子どもの教育、国際教育や外国との比較教育、学校経営と教育の安全等に関心を持っています。アメリカの大学に長期間留学していたので、アメリカの文化や教育にも強い関心を持っています。今までのキャリアとしては、大学、短期大学、工業高等専門学校、専門学校などで教えたり、研究所の研究員をしたりしてきました。また、長い間、学校法人の理事、評議員、小学校長や幼稚園長として教育行政や学校経営などにも直接かかわってきた経験を持っています。
研究テーマ (1)日本の教育の国際化の研究
(2)子どもの社会性や情緒を育む教育の研究
(3)奉仕・ボランティア教育の研究
(4)学校教育の安全に関する研究
主要業績 主要業績:
(1)The Effects of the Fulbright Graduate Study Program,  UMI, USA,
(2)学生の教育交流における国際的合意の研究、科学研究費研究
(3)在日語学教師の見た日本の教育、文部省特別委託研究
(4)外国人子弟教育の国際比較研究、筑波大学教育学系論集
(5)外国人教員の研究、高等教育研究所紀要   
受験生へのメッセージ わが国はいろいろな対策や努力にもかかわらず、少子化に歯止めがかからず、このままでは社会の存続が危ぶまれるほどの少子社会に突入しています。社会には皆さんを必要とする多くの職業分野がありますが、少ない子ども達をしっかりと育てることは、私たちの将来にも関わることであり、社会にとって根本的に重要なことです。あなたも人間発達学科で子どもの教育や保育について学び、明日の社会を担う子ども達を育てる大切な使命に携わりませんか。
ゼミナール 「子どもの社会性や情緒を育む教育(子どもの暴力防止教育プログラム・セカンドステップの学習)」:この分野で現在注目を浴びているセカンドステップ・プログラムについて、具体的にその実践方法を研究してゆく。

プリンタ出力用画面 友達に伝える
HOT LINKS