受験生の方へ

人間環境学部 教員紹介


氏 名 小林 靖(コバヤシ ヤスシ)

所 属 人間環境学部 健康栄養学科
職 名 教授
専攻分野 免疫学、分子生物学、内科学
最終学歴 九州大学大学院 医学系研究科内科系専攻博士課程終了 博士(医学)
学部担当科目 解剖生理学、病理学、臨床栄養学、健康管理学
長期研究テーマ 腸管免疫制御機構の解析
長期研究テーマ内容 腸内細菌による免疫応答制御機構の解析
短期研究テーマ 炎症制御の分子機構の解析
短期研究テーマ内容 サイトカインIL−10による炎症制御機構の解析
主要業績 Kobayashi Y. Fukumaki Y, Komatsu N, Ohba Y, Miyaji T, Miura Y: A novel globin structural mutant, Showa-Yakushiji (beta 110 Leu-Pro) causing a beta-thalassemia phenotype. Blood 70:1688-1691,1987.
Kobayashi Y, Fukumaki Y, Yubisui T, Inoue M , Sakaki Y: Serine-proline replacement at residue 127 of NADH-cytochrome b5 reductase causes hereditary methemoglobinemia, generalized type. Blood 75:1408-13,1990
Brander S, Isenmann S, Raeber S, Fisher M, Sailer A, Kobayashi Y, Mario S, Weissmann C, Aguzzi A. Normal host protein necessary for scrapie-induced neurotoxicity. Nature 379 :339-343, 1996
Kobayashi Y, Ishii K, Oda K, Nariai T, Tanaka Y, Ishiwata K, Numano F. Aortic wall inflammation due to Takayasu arteritis imaged with 18F-FDG positron emission tomography co-registered with enhanced computed tomography J Nucl Med 46(6) 917-922 2005
Huber S, Gagliani N, Esplugues E, O'Connor W Jr, Huber FJ, Chaudhry A, Kamanaka M, Kobayashi Y, Booth CJ, Rudensky AY, Roncarolo MG, Battaglia M, Flavell RA.Th17 cells express interleukin-10 receptor and are controlled by Foxp3⁻ and Foxp3+ regulatory CD4+ T cells in an interleukin-10-dependent manner. Immunity. 22,554-65, 2011
ゼミの内容 管理栄養士に必要な人体の構造と機能ならびに主要な疾患のメカニズムへの理解を深めます。
受験生へメッセージ 健康栄養学科の先生方は暖かく親切な方ばかりです。ぜひ一緒に勉強しましょう。
お問い合わせ yasukoba@kanto-gakuin.ac.jp

プリンタ出力用画面 友達に伝える
HOT LINKS