受験生の方へ

 

人間環境学部 教員紹介

 

氏 名 山岸 博之(ヤマギシ ヒロユキ)

所 属 人間環境学部 健康栄養学科
職 名 准教授
専攻分野 栄養学
最終学歴 博士(栄養学)
学部担当科目 基礎栄養学I・II、応用栄養学II、基礎化学実験、解剖生理学実験、健康と栄養
長期研究テーマ 鉄欠乏状態におけるエネルギー代謝の研究
内容 鉄欠乏は成長期の子供、閉経前の女性を中心に鉄不足だけでなく、アンバランスな食事などが原因として世界中で観察されます。古くから知られていますが、日常の食生活が大きく影響します。鉄欠乏性貧血は単に「顔色が良くない」とか「体力がない」といったイメージがあるかもしれません。しかしながら、鉄は有酸素代謝を支える重要な栄養素ですので動物実験をしてみると、興味深いことにあまり食べていないのに、体重も少ないのに、高血糖であったり、高脂血症であったりします。こうした代謝の変化がなぜ起きるのか、研究しています。
短期研究テーマ 鉄欠乏ラットにおける糖質代謝の変動
内容 実験をしてみると貧血も重度になると糖尿病に似た症状が現れてきます。そこで現在は糖質代謝に焦点を当てて検討しています。
主要業績 1) Yamagishi H, Komabayashi T. Alteration of glucose and increased fructosamine in iron-deficiency anemic rats. Nutr Res 2003; 23: 1547-1553.6.
2) Yamagishi H, Kitano T, Kuchiki T, Okazaki H, Shibata S. Association between body composition and body mass index in young Japanese women. J Nutr Sci Vitaminol. 2002; 48:201-206.
3) Yamagishi H, Okazaki H, Shimizu M, Izawa T, Komabayashi T. Relationships among serum triacylglycerol, fat pads weight, and lipolysis in iron deficient rats. J Nutr Biochem 2000; 11: 455-460.
4) Inaba H, Sakai K, Tsuboi R, Yamagishi H, Ohta A, Sonoda M, Itabashi A. Low dose iron supplemantation with fructooligosaccharides improves iron status and aerobic capacity in women under moderate physical training. Jpn J Appl Physiol. 2003; 33: 305-311.
5) Okazaki H, Nishimune T, Matsuzaki H, Miura T, Morita S, Yanagimoto Y, Yamagishi H, Yamada K, Ikegami S. The increased incidence rate of colorectal tumors due to the intake of a soluble dietary fiber in rat chemical carcinogenesis can be suppressed by substituting partially an insoluble dietary fiber for the soluble one. Int J Cancer 2002; 100: 388-394.
お問い合わせ bigman@kanto-gakuin.ac.jp

プリンタ出力用画面 友達に伝える
HOT LINKS