受験生の方へ

人間環境学部TOPICS

人間環境学部TOPICS HOME
人間環境学部ニュース : 講演会『環境問題を世界の人間環境問題として考える』が開催されました(EMSプロジェクト)
投稿日時: 2010-12-20 14:40:00
人間環境学部のEMS(環境マネジメント・システム)プロジェクトが主催する今年度の講演会が2010年12月15日(水)に開催されました。講師は元関東学院大学人間環境学部人間環境デザイン学科教授の白山新平先生、テーマは「環境問題を世界の人間環境問題として考える」でした。

講師の白山新平先生

白山新平先生は、本学人間環境学部の発足に大きくご貢献されるとともに、人間環境学部がISO14001の認証取得を受ける際に、先頭に立ってご尽力された先生です。

ご講演では、まず、人間環境とは何かについて述べられました。公害対策として始まった環境問題が地球環境問題となり、地上生命体の環境、そして、今や私たちの生活に欠かせない経済、安全保障、科学技術や学校教育にも「人間環境」が基本常識として大きな影響を及ぼしています。この常識を作るのが教育です。同じ地球に生活する人類にとって、地球温暖化や資源エネルギー不足の問題など、そしてそれらの緩和に向けた政策などは、最大の人間環境問題となっています。こうした多くの環境問題を一つの国だけの問題とせず、世界の人間環境問題として考え、取り組んでいくことこそ重要です。その意味からも、人類の将来を見据えた人間環境を考える「人間環境学」の学問の確立とその教育が重要になってくるのです。

白山先生の人間環境学部発足時の願いとこれからの人間環境学部の教育・研究に対する熱い期待についてお話いただき、本学部のもつ社会的な重要さについて改めて考えさせられた講演でした。

講演会の風景

(EMSプロジェクト/環境教育・広報部会)
印刷用ページ このニュースを友達に送る
HOT LINKS