人間環境学部ディプロマポリシー

人間環境学部ディプロマポリシー(学位授与方針)

人間環境学部

輩出する人材

 よりよい人間環境を構築するために、地域コミュニティと深く結びつきながら、地域社会に貢献することから始め、ひいては日本社会や広く国際社会、国際コミュニティに貢献することのできる人材を輩出する。

到達する学士力

 幅広い教養と深い専門知識から総合的な判断力を身に付ける。

現代コミュニケーション学科

輩出する人材

 変化の大きい現代社会において、修得したコミュニケーション能力によってさまざまな局面において社会貢献できる人材を輩出する。

到達する学士力

 幅広く深い教養とコミュニケーション能力を身に付け、自己及び社会における問題を発見し、解決できる素養を涵養する。

人間環境デザイン学科

輩出する人材

 生活環境の多元的な価値を深く理解し、人間の立場に立ちながら、生活環境の改善に資することのできる新たな文化や価値を創造できる人材を輩出する。

到達する学士力

[知識・理解]
 生活環境の諸側面に関する基礎的な専門知識を理解する。
[技能]
 生活環境に関する諸問題を解決に導くための広義のデザイン力を身に付ける。
[態度]
 上記の目的に向かって、自らを律し、他者と協働しながら、社会に発信することができる。

健康栄養学科

輩出する人材

 栄養の改善と健康の増進を通して、個人や地域社会の生活環境やQOLを高めることに貢献できる人材を輩出する。

到達する学士力

[知識・理解]
 食と健康に関する専門知識を理解して、管理栄養士国家試験に合格する。
[汎用的技能]
 食と健康に関する専門的・実践的な技能とコミュニケーション能力を獲得するとともに、個人や地域社会の生活環境やQOLを高めることに貢献できる論理的思考力・問題解決能力を身に付ける。
[態度・志向性]
 学内外での実験・実習を通して自己管理・チームワーク・リーダーシップに関連する能力を身に付け、高い倫理観をもって個人や地域社会の諸問題に対応することができる。

人間発達学科

輩出する人材

 現代社会における人間の「こころ」を深く理解することを基礎として、一人ひとりの人間がよりよく発達・成長し、自分の世界を豊かに広げることができるよう援助できる専門性をもった人材を輩出する。

到達する学士力

 人間の発達に関する専門基礎分野の学びを経て、教育・保育の専門分野の知識を身に付け、学外での実習を通して実践的な技能を修得するとともに、教育・保育の現場でのチームワーク及び即戦的な実践力を獲得する。





サイト名: 関東学院大学 人間環境学部   http://ningen-old.kanto-gakuin.ac.jp
この記事のURL:   http://ningen-old.kanto-gakuin.ac.jp/modules/faculty1/index.php?id=29