受験生の方へ

関東学院大学人間環境学部 環境方針

環境理念

 関東学院大学人間環境学部は、地球環境の保全と維持向上が人類全体の重要課題の一つであることを認識し、21世紀社会にふさわしい環境作りを推進し、キャンパス内の教職員・関連会社の従業員及び学生が協力し、地球規模での持続的な発展が可能な社会を目指し、環境の保全と改善に努めます。

環境方針

a)  関東学院大学人間環境学部は、地球環境・地域環境の保全と維持向上に係わる教育、研究活動を充実し、環境保全に貢献しうる人材の育成、研究の促進に努め、社会に貢献します。
b)  関東学院大学人間環境学部は、教職員・学生による地球環境・地域環境の保全活動を推進するとともに、他学部と地域住民への環境教育の場(講演会など)を設け、地域ぐるみの環境保全活動を推進します。
c)  関東学院大学人間環境学部は、キャンパス内のあらゆる活動において、環境関連法規、規制、協定、その他の要求事項を遵守します。
d)  関東学院大学人間環境学部は、経済的、技術的にできうる範囲内で、環境目的及び目標を設定し環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。
e)  関東学院大学人間環境学部は、有害な環境影響を低減するために、あらゆる種類の汚染物質及び廃棄物の発生、排出、放出を回避、低減、管理するためのプロセス、操作、技法、材料等を使用し、資源の有効利用、3R(リデュース、リユース、リサイクル)、代替材料及び代替エネルギーの使用、省エネ活動を実践し、汚染の予防に努めます。
f)  関東学院大学人間環境学部は、環境目的及び目標の定期的な見直しを行い、環境保全活動の深度化に努めます。
g)  関東学院大学人間環境学部は、環境マネジメントシステムに関連する事項を文書にまとめ、実行及び維持に努めます。
h)  関東学院大学人間環境学部は、組織の構成員と準構成員の環境意識を高めながら、構築された環境マネジメントシステムが周知徹底されるように努めます。
i)  関東学院大学人間環境学部は、インターネットホームページへの公開などを通じ、構築する環境マネジメントシステムが一般の人々に入手可能な体制を図ります。
j)  関東学院大学人間環境学部は、東日本大震災による電力不足に協力するため省エネ活動(節電・節ガス・節水)に努めます。

関東学院大学 人間環境学部 学部長      

2014年4月30日

プリンタ出力用画面 友達に伝える
HOT LINKS